イソフラボン摂取は食事とサプリではどう違う?

前へ
次へ

イソフラボン摂取は食事とサプリではどう違う?

イソフラボンは食事から摂る方法とサプリで補う方法が考えられます。
実は食品とサプリに含まれているイソフラボンは違いがあって、それを知っておかないと健康や美容への効果も変わってくるものなのです。
食事とサプリによる摂取方法では、どういった違いがあるのでしょうか。

イソフラボンには2種類が存在しています。
1つはグリコシド型で、もう1つはアグリコン型です。
グリコシド型は低吸収型、アグリコン型は高吸収型と言われています。
実はグリコシド型は体内に取り入れてもわずか2割程度しか吸収されず、吸収のためにかかる時間は6~8時間となっています。
これに対して、アグリコン型は構造式に糖がついておらず、胃や腸で早く吸収されていくのです。
人によって腸内環境は異なっており、吸収の速度は変わってきますが、アグリコン型は腸内環境の良し悪しには関係がなく、吸収が早いのです。
食事から摂りいれていく方法では一般的に大豆製品を食べることが挙げられます。

大豆製品の中でイソフラボンが多いのは納豆や豆腐、豆乳などです。
ただ残念なことにこれらの食品はグリコシド型で、体内への吸収の速度が遅いのです。
食品の中でも醤油や味噌はアグリコン型ですが、これらを多く食べることは現実的に難しいものですし、また塩分が強いので健康を損ねてしまいます。
食品からの取り入れ方は大豆製品を食べることが最も一般的ですが、吸収が遅くてほとんどが役に立たないままになってしまうので、あまり効果的だとは言えません。

最近ではイソフラボンを配合したサプリが多く販売されていますが、サプリから取り入れていく方法は実はとても効果的なのです。
サプリに配合されているのが、吸収のいいアグリコン型です。
食品と違って外出先や職場などで簡単に飲むことができるので、忙しい方などには特にサプリを利用した方法が容易だと言えるでしょう。

食品とサプリではイソフラボンの吸収速度と吸収率に差があって、サプリを飲んだ方が簡単で効果的です。

ページのトップへ戻る