イソフラボンサプリは妊娠中や授乳中は禁止

前へ
次へ

イソフラボンサプリは妊娠中や授乳中は禁止

最近サプリで多くなってきたイソフラボンを配合している商品ですが、加齢が進行している女性が中心に購入しています。
ただ授乳中や妊娠中の女性の場合、このサプリを飲んでも大丈夫なのでしょうか。
またホルモンの状態に悪影響を及ぼすものなのでしょうか。

日常生活の中で大豆製品は様々なものに含まれています。
普段の食生活を送っていきながら大豆製品は自然と口の中に入っていっていますが、同時に大豆製品に多く含まれているイソフラボンも同じく摂取しています。
しかし大豆製品の摂取に偏りが生じたり、ホルモンバランスが崩れている女性には食事だけでは足りないこともあります。

食事以外でイソフラボンを補給する方法としてはサプリの併用があります。
一般の女性であればサプリhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.net/low.htmlを飲むことは問題ないのですが、妊娠中や授乳中の女性の場合注意をしなければなりません。
妊娠中や授乳中はホルモンバランスが不安定になっていることがあります。
そんな時に過剰にイソフラボンを摂取すると一層バランスを崩してしまい、体調が悪くなってしまう恐れがあります。
女性ホルモンであるエストロゲンとイソフラボンは体内での働きが似ていて、過剰摂取が健康を損ねてしまうからなのです。

食品安全委員会では妊娠中や授乳中の女性がサプリによって過剰に成分を摂ることを推奨していません。
赤ちゃんの生殖機能に影響を及ぼしたり、発育異常を引き起こしてしまうことがあります。
胎児がお腹の中にいる場合も同様で、胎盤を通って過剰なイソフラボンが送られてしまうことになり、非常に危険です。

ただし、過剰摂取が問題なのであって、毎日食べる食事について大豆製品を控える必要は全くありません。
大豆製品を含め、バランスのいい食事を妊娠中や授乳中には心がけるようにすればいいのです。
サプリを併用していくのは赤ちゃんが離乳期を過ぎてから行うようにしなければなりません。

妊娠中や授乳中にはイソフラボンを過剰に摂らないようにしなければなりません。

ページのトップへ戻る