イソフラボンは大豆が苦手では摂取できない?

前へ
次へ

イソフラボンは大豆が苦手では摂取できない?

イソフラボンは女性ホルモンが減少をしていく年齢になるとできるだけ意識して摂っていかなければなりません。
その方法として一般的なのが食品から取り入れていくというものです。
食品の中で含有量が多いのは大豆ですが、苦手な方には難しいことでしょう。
そんな場合、大豆以外で摂る方法はないものなのでしょうか。

大豆にはとても多くのイソフラボンが含まれていますが、大豆が苦手だと食品で摂る方法はないものだと思う方もいるかもしれません。
ただ苦手だと思っている方の多くは、大豆というと豆腐や豆乳、納豆といったものばかりだと思っているのかもしれません。
実際には大豆製品はこれらの他にも様々あります。

きなこや油揚げ、厚揚げなどは大豆製品ですが、これらは納豆などと比べて匂いなどがあまりきにならないものです。
厚揚げや油揚げは料理として使用することで、おいしく食べることができます。
味付けを変えていけば、毎日同じような料理にならず、バリエーション豊かな食事にして飽きることがありません。
またきなこはスイーツにプラスしていくようにすれば、自然と大豆を取り入れていくことが可能です。

実はイソフラボンは大豆だけhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.ws/9.htmlと思われていますが、大豆の他にも含有している食品があります。
葛やアルファルファ、ひよこ豆も多く含有しているのです。
葛は葛湯として、アルファルファは加熱料理やサラダ、ひよこ豆はサラダや煮込み料理に使用することができます。
これらの食材も上手に毎日の食生活に加えていけば、栄養の偏りなども起こることがありません。

イソフラボンは大豆以外の食品でも含んでいるものは多くあるので、大豆が苦手な方でも安心してください。
それよりも、大豆ばかりを食べるような食事に偏りが生じてしまうことを避けることに意識を向けてください。

大豆製品にばかり目を向けがちですが、イソフラボンを多く含んでいる食品は他にも多くあります。
大豆が苦手な方、大豆ばかり食べている方は、大豆だけではなく違った食品をもっと食生活に取り入れていき、様々な料理を食べていくようにすることが大切です。

ページのトップへ戻る